トウゴウヤブカ(読み)とうごうやぶか

日本大百科全書(ニッポニカ)「トウゴウヤブカ」の解説

トウゴウヤブカ
とうごうやぶか / 東郷藪蚊
[学] Aedes (Finlaya) togoi

昆虫綱双翅(そうし)目糸角亜目科に属する昆虫。体長9~11ミリメートル。頭頂に大小2対の黒斑(こくはん)をもつ。胸背に不明瞭(めいりょう)な縦条紋があり、正中条は二分されてみえる。脚(あし)の腿節(たいせつ)、脛節(けいせつ)の末端跗節(ふせつ)各関節部分に白帯があり、腹部背面各節の基部にも白色帯がある。日本全土、マレーシア、台湾、朝鮮半島、中国の海岸地帯に分布する。成虫はおもに昼間吸血活動をするが、ときに明るい部屋に侵入して吸血する。フィラリア症の病原虫である糸状虫の中間宿主であり、これを媒介する。幼虫は海岸の岩穴に多く発生し、きわめて高濃度の塩水中にも生息可能である。種名は旧日本海軍の東郷平八郎にちなむ。

倉橋 弘]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トウゴウヤブカ」の解説

トウゴウヤブカ

ヤブカ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトウゴウヤブカの言及

【ヤブカ(藪蚊)】より

…このカは,アメリカでは,洪水のあと急に増えるカとして知られている。海岸の岩の水たまりにはトウゴウヤブカA.togoi,川岸や滝つぼの岩にはヤマトヤブカA.japonicusやハトリヤブカA.hatoriiが多い。海岸の埋立地など塩分の入った湿地,沼にはセスジヤブカA.dorsalisが大発生することがある。…

※「トウゴウヤブカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android