コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東郷平八郎 とうごう へいはちろう

百科事典マイペディアの解説

東郷平八郎【とうごうへいはちろう】

明治・大正期の軍人。海軍大将,元帥。薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では新潟・函館に転戦。1871年英国留学。日清戦争では浪速艦長として豊島(ほうとう)沖,黄海,威海衛(いかいえい)などに出撃。
→関連項目Z旗ロジェストベンスキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東郷平八郎 とうごう-へいはちろう

1848*-1934 明治-大正時代の軍人。
弘化(こうか)4年12月22日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。維新後イギリスに留学。日清戦争では浪速(なにわ)艦長。日露戦争では連合艦隊司令長官として,旅順港封鎖作戦,日本海海戦を指揮。バルチック艦隊を撃滅し,「東洋のネルソン」と称された。海軍大将,元帥。昭和9年5月30日死去。88歳。名は実良。
【格言など】皇国の興廃この一戦にあり各員いっそう奮励努力せよ(バルチック艦隊との交戦にあたり)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

東郷平八郎

没年:昭和9.5.30(1934)
生年:弘化4.12.22(1848.1.27)
明治大正昭和期の海軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士東郷吉左衛門,妻益子の4男,妻は子爵海江田信義の娘テツ。日露戦争における日本海海戦の凱旋将軍として圧倒的名声を誇る。そのため多数の伝記があるが,日露戦争後から死去する昭和9(1934)年までの29年間は知られず,誤解されてきた側面が多い。明治4(1871)年から11年までイギリスに長期留学したが,その前までは非常なおしゃべりで大久保利通に注意されたことさえある。しかし留学中寡黙の人に変身,終生変わるところがなかった。異なる言語習慣に苦しんだ末の変質で,英国人の友人ができなかったのもそのためであろう。帰国後もっぱら海上勤務に従事,中央での勤務が海軍大学校長と軍令部長の2回しかないのも珍しい。明治17年清仏戦争の際には「天城」艦長として仏・クールベ艦隊に従い,26年にハワイ政変が起こると浪速艦長として居留民保護に急行,日清戦争(1894~95)では開戦の口火となったイギリス商船「高陞号」を撃沈し,33年義和団事件が中国に起きると常備艦隊を天津に集結させ,歴史的事件が起きるごとにきまってそこに東郷がいた。36年連合艦隊司令長官となり,日露戦争終結まで艦隊を指揮,38年5月27日から28日にかけて,日本海でロシアのバルチック艦隊を壊滅させ,日本の勝利を決定的なものとした。38年軍令部長,42年軍事参議官となって第一線から退いた。大正2(1913)年元帥に列し,3年から10年まで東宮御学問所総裁として昭和天皇の教育に尽力し,社会的重みを加えた。昭和4年先任元帥井上良馨が没すると言動が活発化し,5年のロンドン軍縮問題で艦隊派の精神的象徴となり,8年まで軍部の動向や政局の混乱に大きなかかわりをもった。<参考文献>佐藤国雄『元帥の晩年』

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうごうへいはちろう【東郷平八郎】

1847‐1934(弘化4‐昭和9)
明治・大正期の海軍軍人,元帥。薩摩藩士の家に生まれ,薩英戦争戊辰戦争に参加,1871年(明治4)イギリスに留学,78年帰国して海軍中尉に任官,90年呉鎮守府参謀長,日清戦争時は浪速艦長,95年以降常備艦隊司令長官,舞鶴鎮守府司令長官となり,1903年12月第1艦隊兼連合艦隊司令長官に就任。05年5月日本海海戦でロシアのバルチック艦隊に勝利し,一躍名将としての名をあげた。日露戦後,07年大勲位,功一級を与えられ伯爵,13年元帥となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうごうへいはちろう【東郷平八郎】

1847~1934) 海軍軍人。大将・元帥。薩摩の人。日露戦争の際、連合艦隊司令長官として日本海海戦を指揮、バルチック艦隊を破った。ロンドン軍縮条約では締結に強硬に反対。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東郷平八郎
とうごうへいはちろう

[生]弘化4(1847).12.22. 鹿児島
[没]1934.5.30. 東京
海軍軍人。薩摩藩士で納戸奉行東郷吉左衛門の4男に生れ,16歳のとき,生麦事件が原因で薩英戦争が起り,父や兄とともに戦いに加わった。慶応2 (1866) 年藩海軍所に入所。戊辰 (ぼしん) 戦争では『春日』艦乗組士官として幕府軍艦と交戦。その後東京に出て学び,明治3 (70) 年新政府の軍艦『竜驤』乗組見習士官となった。同4年海軍の第1回留学生としてイギリスに学び,1878年帰国。のち中尉に任官して『扶桑』で海上勤務を続け,91年『浪速』艦長となり,94年豊島沖海戦に参加,その直後,『高陞号』撃沈事件を起した。日清戦争の黄海海戦にも参加。その後,海軍大学校校長,常備艦隊司令長官など歴任。 1903年連合艦隊司令長官,翌年大将に昇進。日露戦争では連合艦隊司令長官として,日本海海戦 (1905) で,ロシアのバルチック艦隊を全滅させ,国民的英雄となった。 05~09年軍令部長,07年に伯爵。 13年元帥,14~21年東宮御学問所総裁。 30年のロンドン軍縮条約には強く反対した。 34年死の前日に侯爵に叙せられ,同年6月国葬。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東郷平八郎
とうごうへいはちろう
(1847―1934)

明治・大正期の海軍軍人。弘化(こうか)4年12月22日生まれ。薩摩(さつま)藩出身。初め仲五郎(なかごろう)と称し、元服して平八郎と称す。薩英戦争に参加後、1866年(慶応2)薩摩藩の海軍に入る。戊辰(ぼしん)戦争に薩摩藩の軍艦「春日(かすが)」に士官として乗り組み、阿波(あわ)沖で幕府艦「開陽(かいよう)」と戦う。この海戦は日本における欧式軍艦間の交戦の嚆矢(こうし)になった。維新後の新海軍においては、1871年(明治4)4月から1878年5月までイギリス留学。1879年12月海軍少佐、1894年6月「浪速(なにわ)」艦長になり日清(にっしん)戦争に出役。1898年5月に中将、1903年(明治36)12月連合艦隊司令長官になり、翌1904年6月に大将。日露戦争の日本海海戦(1905年5月27日)で、ロシアのバルチック艦隊を完破し、一躍世界的名声を得、「東洋のネルソン」と称された。1913年(大正2)4月元帥、翌1914年4月東宮御学問所総裁になり、昭和9年5月30日の死去の直前に侯爵となり、国葬で葬られた。[遠藤芳信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東郷平八郎の言及

【東郷神社】より

…東京都渋谷区神宮前にあり,東郷平八郎をまつる。日露戦争後,国民から敬慕された東郷元帥が1934年に没すると,財団法人東郷元帥記念会が設立され,神社建設の運動をおこし,40年,明治神宮に近い旧鳥取藩池田侯爵邸の土地に,府社東郷神社が創建された。…

【日露戦争】より

… この間,連合艦隊は旅順港口を封鎖してロシア艦隊の活動を抑制していたが,ロシアがバルチック艦隊を東航させたため,それとの決戦に備える必要から旅順の早期占領を要請した。1905年5月対馬海峡沖での日本海海戦で,東郷平八郎が率いる連合艦隊は圧倒的な勝利を収め,戦局全体の帰趨を決めることになった。
[戦時体制の強化]
 日露戦争は軍や財政当局の予想をこえる消耗戦となった。…

【日本海海戦】より

…途中,日本の同盟国イギリスの監視,圧力,妨害をうけながら,222日に及ぶ長途の遠征の後,05年5月27日早暁,対馬海峡東水道入口に達したが,日本の哨艦〈信濃丸〉はこれを発見,報告した。東郷平八郎大将の指揮する連合艦隊は,旅順のロシア艦隊を撃滅した後,修理と訓練に努め,主力は韓国南岸の鎮海湾に待機していたが,直ちに出動,両国艦隊は沖ノ島付近で遭遇,午後2時過ぎから翌日にかけて数回の戦闘が行われた。両国艦隊の兵力はほぼ互角であったが,日本艦隊は砲力,速力,練度に優り,圧倒的勝利を収めた。…

※「東郷平八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東郷平八郎の関連キーワードバルチック艦隊[帝政ロシア]鎮海(大韓民国)伊地知 彦次郎トウゴウヤブカ小山田 繁蔵伊地知彦次郎日高 壮之丞伏見宮 博恭旅順港口閉塞三須 宗太郎三須宗太郎トップ水雷今井 きみ吉岡 範策小山田繁蔵豊島沖海戦加藤友三郎加藤 倉吉多磨霊園片岡七郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東郷平八郎の関連情報