コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉橋 くらはし

4件 の用語解説(倉橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉橋
くらはし

広島県南西部,呉市の南西部の旧町域。倉橋島の南半部を占める。 1952年倉橋島村から改称して町制。 2005年呉市に編入。火山 (ひやま。 406m) を中心として丘陵地が多く,傾斜地ではミカンなどが栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くらはし【倉橋】

姓氏の一。
[補説]「倉橋」姓の人物
倉橋惣三(くらはしそうぞう)
倉橋由美子(くらはしゆみこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くらはし【倉橋】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉橋
くらはし

広島県南西部、安芸(あき)郡にあった旧町名(倉橋町(ちょう))。現在は呉(くれ)市の一地区。旧町域は倉橋島の南部と鹿(か)島、黒島、横島などからなる。南端の鹿島とは鹿島大橋で結ばれている。旧倉橋町は1952年(昭和27)町制施行。2005年(平成17)呉市に編入。半農半漁で、カキなどの養殖漁業やミカン、トマトの栽培が多い。古くから木造船の製造が盛んで、瀬戸内海の主要船はほとんどここで建造された。また花崗(かこう)岩の石材は「桜みかげ石」とよばれ有名で、東京、大阪のビルや路面電車の敷石に用いられた。なお『万葉集』巻15に、遣新羅(けんしらぎ)使が「長門の島の小松原」と詠んだ歌が載るが、これは南部の火山南麓(ひやまなんろく)の桂浜(かつらはま)の地とされ県史跡になっている。桂浜神社本殿は国指定重要文化財。[北川建次]
『『倉橋町史』全5巻(1991~2001・倉橋町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉橋の関連キーワード倉橋島シア西濃大柿〈町〉音戸〈町〉広島県安芸郡海田町蒲刈〈町〉広島県安芸郡熊野町倉橋〈町〉広島県呉市倉橋町

倉橋の関連情報