倉橋(読み)くらはし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉橋
くらはし

広島県南西部,呉市の南西部の旧町域。倉橋島の南半部を占める。 1952年倉橋島村から改称して町制。 2005年呉市に編入。火山 (ひやま。 406m) を中心として丘陵地が多く,傾斜地ではミカンなどが栽培される。山地では花崗岩石材産出。中心集落の本浦 (ほんうら) は木造船業と漁業の拠点。南端鹿老渡 (からと。かろうと) は,北港と南港の二つの港をもつ双子港で,風待ち港として江戸時代に栄えた。 1961年隣接する音戸町と呉市の間に音戸大橋が開通して以来,観光客が増加。一部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉橋
くらはし

広島県南西部、安芸郡(あきぐん)にあった旧町名(倉橋町(ちょう))。現在は呉市(くれし)の一地区。旧町域は倉橋島の南部と鹿(か)島、黒島、横島などからなる。南端の鹿島とは鹿島大橋で結ばれている。旧倉橋町は1952年(昭和27)町制施行。2005年(平成17)呉市に編入。半農半漁で、カキなどの養殖漁業やミカン、トマトの栽培が多い。古くから木造船の製造が盛んで、瀬戸内海の主要船はほとんどここで建造された。また花崗(かこう)岩の石材は「桜みかげ石」とよばれ有名で、東京、大阪のビルや路面電車の敷石に用いられた。なお『万葉集』巻15に、遣新羅(けんしらぎ)使が「長門の島の小松原」と詠んだ歌が載るが、これは南部の火山南麓(ひやまなんろく)の桂浜(かつらはま)の地とされ県史跡になっている。桂浜神社本殿は国指定重要文化財。[北川建次]
『『倉橋町史』全5巻(1991~2001・倉橋町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くらはし【倉橋】

[1]
[一] 奈良県桜井市の地名。音羽山のふもとの北西方にあたる。倉梯。倉椅。
[二] 大阪府豊中市庄内あたりの旧称。大根の産で知られる。椋橋。
[2] 〘名〙 「くらはしだいこん(倉橋大根)」の略。〔大坂繁花風土記(1814)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倉橋の関連情報