トウモロコシ油

世界大百科事典 第2版の解説

とうもろこしゆ【トウモロコシ油 corn oil】

コーン油ともいう。トウモロコシZea maysの種子の胚芽から圧搾によって得られる油。種子の含油率は3.6~5.7%,胚芽含油率は30~40%。アメリカが主産地である。融点-10~-18℃,比重d415=0.920~0.928,屈折率nD20=1.473~1.476,ケン化価187~198,ヨウ素価88~147。脂肪酸組成はリノール酸54~58%,オレイン酸29~30%,パルミチン酸12~13%,ステアリン酸2%など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトウモロコシ油の言及

【食用油】より

サラダ油は,加熱せずにそのままサラダドレッシング類に用いるため,なまでも風味がよく,低温でも凝固せぬようにつくられている。ダイズ油,ナタネ油のほか,綿実油,トウモロコシ油も用いられる。 植物性食用油を原料別にみると,次のようになる。…

※「トウモロコシ油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android