コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウモロコシ油

2件 の用語解説(トウモロコシ油の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

トウモロコシ油

 トウモロコシの種子からとる油.リノール酸が多く,諸種の目的に適した食用油.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうもろこしゆ【トウモロコシ油 corn oil】

コーン油ともいう。トウモロコシZea maysの種子の胚芽から圧搾によって得られる油。種子の含油率は3.6~5.7%,胚芽含油率は30~40%。アメリカが主産地である。融点-10~-18℃,比重d415=0.920~0.928,屈折率nD20=1.473~1.476,ケン化価187~198,ヨウ素価88~147。脂肪酸組成はリノール酸54~58%,オレイン酸29~30%,パルミチン酸12~13%,ステアリン酸2%など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のトウモロコシ油の言及

【食用油】より

サラダ油は,加熱せずにそのままサラダドレッシング類に用いるため,なまでも風味がよく,低温でも凝固せぬようにつくられている。ダイズ油,ナタネ油のほか,綿実油,トウモロコシ油も用いられる。 植物性食用油を原料別にみると,次のようになる。…

※「トウモロコシ油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トウモロコシ油の関連キーワードコーンフラワースイートコーンコーングルテンコーンスープ玉蜀黍色砂糖トウモロコシトウモロコシ粉トウモロコシデンプンモザイク病(ソルガム・スーダングラス)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トウモロコシ油の関連情報