胚芽(読み)ハイガ

大辞林 第三版の解説

はいが【胚芽】

植物の種子の中にあって、生長すると芽になる部分。胚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐が【胚芽】

〘名〙
① 種子の内部にあって、芽となって生長する部分。〔植物小学(1881)〕
② 比喩的に、将来ある方面で一人前になる要素として幼い時からもっているもの。
※化物の進化(1929)〈寺田寅彦〉「被教育者の中に芽生えつつある科学者の胚芽を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胚芽の関連情報