コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガサワラ(栂椹) トガサワラPseudotsuga japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トガサワラ(栂椹)
トガサワラ
Pseudotsuga japonica

マツ科の常緑高木。サワラトガともいう。日本特産で紀伊半島と高知県の深山にだけ生えている。樹高 30mにも達する大木で,建築材にされるが,材が柔らかくあまり良質でなく,産額も少いので経済的な価値はあまりない。奈良県の三之公川のトガサワラ原始林は天然記念物に指定されている。和名は材がヒノキ科のサワラに似ており,葉がツガ (トガ) に似ているためといわれる。この属の植物はアジア (中国,台湾) ,北アメリカに数種あり,なかでも北アメリカ産のダグラスモミ (ベイマツ) は有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トガサワラ(栂椹)の関連キーワードマツ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android