コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガ

百科事典マイペディアの解説

ツガ

マツ科の常緑高木。関東〜九州,朝鮮の山地にはえる。1年枝には毛がない。葉は線形で扁平,先は少しくぼむ。雌雄同株。4月に開花。雄花は黄色,雌花は緑紫色でともに小枝の先に1個ずつつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツガ
つが / 栂
[学]Tsuga sieboldii Carr.

マツ科の常緑針葉樹。トガともいう。大きいものは高さ40メートル、径1.5メートルに達する。樹皮は赤褐色または灰褐色で堅くて厚く、深く縦裂し、不規則な鱗片(りんぺん)となってはげる。一年生枝は細く、黄褐色で毛はなく光沢がある。葉は2列に並び、線形で長さ0.7~2.5センチメートル、幅2~3ミリメートル、先はへこむ。雌雄同株。4月ころ開花する。雄花は枝端に1個ずつつき、長卵形で黄色。雌花は小枝の端に1個ずつつき、長卵形で紫色。球果は急に湾曲した果柄の先に下向きにつき、楕円(だえん)状卵形で長さ2~3センチメートル、径1~1.5センチメートル、10月ころ淡褐色に熟す。種子は倒卵状円形で長い翼がある。海抜10メートルくらいから1800メートルの尾根または尾根に接する斜面などに群生し、福島県以西の本州から九州、および韓国の鬱陵(うつりょう)島に分布する。材は紅色を帯びた淡褐色で木目はまっすぐであるため建築、器具、土木、船舶、車両、楽器などに利用する。また庭園樹にもする。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツガの関連情報