コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トクタミシュ Toqtamish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクタミシュ
Toqtamish

[生]?
[没]1406
キプチャク・ハン国の王 (在位 1378~95) 。チムール (帖木児) の援助によって同国の再統一をなし,またロシアに侵入し,その後の1世紀間にわたるモンゴル人によるロシア支配の端緒をつくった。急速に勢力を拡大するにしたがって,チムールにも攻撃をしかけるようになったが,1395年チムールと戦って敗れ,亡命し,のち殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトクタミシュの言及

【キプチャク・ハーン国】より

…この時代,イスラム商人が活躍し,元朝やクリミアのビザンティン人やジェノバ人との貿易も栄えた。しかし,ジャーニーベクの死後,国の統一は乱れ,ルーシ諸侯も離反するなか,一時,左翼の王であるトクタミシュToqtamishが再統一に成功したが,1395∥96年の冬に,ティムールの侵入をうけてサライも灰燼に帰し,国は急速に衰退していった。15世紀には,支配領域内より,ノガイ・ウルス,ウズベク国家,シビル・ハーン,カザン・ハーン,クリム・ハーン,アストラハン・ハーンの各ハーン国が次々に独立し,16世紀初頭,ついに滅亡した。…

※「トクタミシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トクタミシュの関連キーワードティームール

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android