コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコ・ジュパン Toko Jepang

1件 の用語解説(トコ・ジュパンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トコ・ジュパン【Toko Jepang】

インドネシア語で〈日本人の店〉の意で,第2次大戦前,オランダ領東インドの各地で各種の商業活動に従事した日本人が構えた店舗を意味するが,転じてそのような日本人も含めて用いられることが多い。このような商業活動は日露戦争後に始まり,初期の売薬・雑貨の行商で小資本を蓄えた人々は,瀬戸物,衣料をはじめ各種の商品を扱う店舗を構えた。第1次大戦後はその数も増え,また,邦人会社の進出も盛んとなり,百貨店の経営も行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トコ・ジュパンの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派ジャワ語ポリネシア語派マレー語メラネシア語派ピリピノ語マレーポリネシア語族インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone