トコ・ジュパン(英語表記)Toko Jepang

世界大百科事典 第2版の解説

トコ・ジュパン【Toko Jepang】

インドネシア語で〈日本人の店〉の意で,第2次大戦前,オランダ領東インドの各地で各種の商業活動に従事した日本人が構えた店舗を意味するが,転じてそのような日本人も含めて用いられることが多い。このような商業活動は日露戦争後に始まり,初期の売薬・雑貨の行商で小資本を蓄えた人々は,瀬戸物衣料をはじめ各種の商品を扱う店舗を構えた。第1次大戦後はその数も増え,また,邦人会社の進出も盛んとなり,百貨店の経営も行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android