売薬(読み)ばいやく

精選版 日本国語大辞典「売薬」の解説

ばい‐やく【売薬】

〘名〙
① (━する) を売ること。
※日本詩史(1771)「世業売薬」 〔後漢書‐張楷伝〕
② 各患者病状に合わせて作るのではなくて、あらかじめ製造、調合して市販されている薬。また、それを売る者。
※中国論集(1706)「我が生れし邦をば、売薬をするものの様に、我計りをよしと云て自慢することに候ば」

うり‐ぐすり【売薬】

〘名〙 あらかじめ調剤しておいて売る薬。ばいやく。⇔投薬
※俳諧・独吟一日千句(1675)第三「此売くすりきく虫の声 四方髪よし有気にも膝まつき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「売薬」の解説

うり‐ぐすり【売(り)薬】

薬局であらかじめ調剤しておいて売る薬。病院などで医者が患者に与える薬に対していう。ばいやく。

ばい‐やく【売薬】

あらかじめ製造・調合されて、市販されている薬。
薬を売ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「売薬」の解説

【売薬】ばいやく

売り薬。

字通「売」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android