トス

精選版 日本国語大辞典「トス」の解説

トス

〘名〙 (toss)
① 野球、バスケットボールで、近くにいる味方選手にボールを下からすくうように軽く投げ渡すこと。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉平凡な大投手「窮余彼は一塁にトッスした」
バレーボールで、味方選手に攻撃させるために、ボールを軽く打ち上げること。
テニスで、サーブを打つときにボールを空中に投げ上げること。
④ サッカー、ラグビー、バレーボール、卓球、テニスなどで、先攻またはサイド(コート)をきめるために、コインを投げ上げその表裏できめるか、ジャンケンをすること。また、テニスではラケットを回して倒し、その表裏をいいあてること。
レスリングで、スタンドで三点以上の差がないときに、グランドの攻撃者をきめるためジャンケンをすること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「トス」の解説

トス(toss)

[名](スル)
野球・バスケットボールなどで、近くにいる味方へ、ボールを軽くすくうように投げ渡すこと。
バレーボールで、味方選手がスパイクを打ち込みやすいようにボールを上げること。
テニスで、サーブを打つときにボールを空中に投げ上げること。
コイントス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android