トビイロムナボソコメツキ(英語表記)Agriotes fuscicollis

世界大百科事典 第2版の解説

トビイロムナボソコメツキ【Agriotes fuscicollis】

甲虫目コメツキムシ科の昆虫成虫の体は暗褐色で表面に黄色毛がある。頭部前方,前胸背の周辺,上翅の両側と会合部は赤褐色から淡褐色。触角,脚は黄褐色。体長8.5mm内外。北海道,本州に分布し,幼虫は一般に排水のよくない土壌中に生息する。幼虫は胸脚をもつ細長い円筒形で淡黄色。体の末端円錐形後方へとがる。十分に成長したものは体長19mm内外。7~8月ころ,土壌中に蛹室(ようしつ)をつくって蛹化,羽化した新成虫はそのまま越冬し,翌春になって出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android