コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビイロムナボソコメツキ Agriotes fuscicollis

世界大百科事典 第2版の解説

トビイロムナボソコメツキ【Agriotes fuscicollis】

甲虫目コメツキムシ科の昆虫。成虫の体は暗褐色で表面に黄色毛がある。頭部の前方,前胸背の周辺,上翅の両側と会合部は赤褐色から淡褐色。触角,脚は黄褐色体長8.5mm内外。北海道,本州に分布し,幼虫は一般に排水のよくない土壌中に生息する。幼虫は胸脚をもつ細長い円筒形で淡黄色。体の末端は円錐形で後方へとがる。十分に成長したものは体長19mm内外。7~8月ころ,土壌中に蛹室(ようしつ)をつくって蛹化,羽化した新成虫はそのまま越冬し,翌春になって出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android