コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビイロムナボソコメツキ Agriotes fuscicollis

1件 の用語解説(トビイロムナボソコメツキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トビイロムナボソコメツキ【Agriotes fuscicollis】

甲虫目コメツキムシ科の昆虫。成虫の体は暗褐色で表面に黄色毛がある。頭部の前方,前胸背の周辺,上翅の両側と会合部は赤褐色から淡褐色。触角,脚は黄褐色。体長8.5mm内外。北海道,本州に分布し,幼虫は一般に排水のよくない土壌中に生息する。幼虫は胸脚をもつ細長い円筒形で淡黄色。体の末端は円錐形で後方へとがる。十分に成長したものは体長19mm内外。7~8月ころ,土壌中に蛹室(ようしつ)をつくって蛹化,羽化した新成虫はそのまま越冬し,翌春になって出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トビイロムナボソコメツキの関連キーワード蟻塚虫牙虫米搗虫猿葉虫埋葬虫黄金虫塵芥虫長椿象長心喰虫葉虫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone