コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビムシ類 トビムシるいCollembola; springtail; snowflea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビムシ類
トビムシるい
Collembola; springtail; snowflea

トビムシ目に属する昆虫の総称。粘管類ともいう。無翅類のうち最大の群で,大多数は体長2~10mmの微小種である。触角は4~6節。口器は外からは見えないが,咀嚼型である。複眼をもつものと欠くものとがあるが,もつものでもそれぞれが8個以下の個眼から成る。肢の 跗節と脛節は普通融合する。腹部第1節腹面には普通腹管 (粘管) があり,腹端には跳躍器があって,これを屈伸して活発に跳躍する。和名,別名はこれらに由来する。体は軟弱で,腐植に富む土壌中で生活するものが多く,他の食虫性土壌動物の餌となる。おもに腐敗植物質や菌類,地衣類などを食べるが,生きた植物を食べることもあり,ときには温室などの重要害虫になる。日本産は 240種以上。 (→昆虫類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トビムシ類の関連キーワードカマアシムシ類マルトビムシ狩生鍾乳洞アリ(蟻)極地動物アラタ体潮だまり食物連鎖ユキムシトビムシ菌類動物触角腺羽化洞穴

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android