コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トベロ族 トベロぞくTobelorese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トベロ族
トベロぞく
Tobelorese

インドネシア西部,ハルマヘラ島北部のカウ湾周辺およびモロタイ島北部に居住するメラネシア系の住民。言語的にはオーストロネシア語族の北ハルマヘラ語群に属する。人口は数千人程度といわれる。焼畑農耕による陸稲,雑穀類の栽培と狩猟を主たる生業とする。かつては首長制を有し,いくつかの自律的な村落に居住していたが,今日ではこうした制度は失われた。親族組織父系出自とも双系ともいわれる。 19世紀中期にキリスト教が伝えられ,住民はすべてキリスト教徒となった。他方,祖霊悪霊の信仰もあり,病気治療のためのシャーマニズム的な儀礼が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android