コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマサン トマサンThomassin d'Eynac, Louis de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマサン
Thomassin d'Eynac, Louis de

[生]1619.8.28. エクサン
[没]1695.12.24. パリ
フランスの神学者。教会法史の父と呼ばれる。ラテン名 Thomasinus。 1633年オラトリオ会に入り,43年司祭。リヨンやその他の同会神学校で数学,文学,神学を講じ,54~68年パリのサン・マロアール神学校教授。ガリア主義ジャンセニズムの信奉者たちの反対によって引退,研究著作に専念した。史的実証的教理神学の創始者の一人。主著『神学教理』 Dogmata theologica de Incarnatione,de Dei proprietatibus (3巻,1680~89) ,『ヘブライ語大字典』 Glossarium universale hebraicum (1705) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トマサンの関連キーワードフィールドマウリッツ横須賀藩総合年表(アメリカ)金の相場大河ドラマ天地人とうかさん祇園城深谷市議選をめぐる選挙違反事件犬猫の寿命

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android