コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教理神学 きょうりしんがくtheologia dogmatica; dogmatic theology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教理神学
きょうりしんがく
theologia dogmatica; dogmatic theology

教義学,組織神学とも呼ばれるが,その内容は必ずしも同一ではない。狭義のカトリック教理神学は教義つまりドグマを中心材料とし,その論理的,体系的理解を深め,教義ならびに神学一般を弁証し,かつ神学の他の領域に対して批判的役割を果す神学の一部門である。神,キリスト,人間などに関する教義とそれに関連するものが考察の題材となるが,実践に結びついているものは倫理神学の領域であって,これとは区別されている。教義は啓示された真理の明確化であるから,教理神学は聖書学,啓示論,教会史その他を前提とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教理神学の関連キーワードウィレム・マリーニュス ヴァン・ロッスムレジナルド ガリグ・ラグランジュテオドレトス[キュロス]デンツィンガーマウスバハキリスト論ラーナートマサン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android