コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横須賀藩 よこすかはん

3件 の用語解説(横須賀藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横須賀藩
よこすかはん

江戸時代,遠江国 (静岡県) 横須賀地方を領有した藩。有馬氏3万石に始り,慶長6 (1601) 年以降大須賀氏6万石,松本 (能見) 氏2万 6000石,井上氏5万 2500石 (のち4万 7500石) ,本多氏5万石を経て,天和2 (82) 年から西尾氏2万 5000石 (のち3万 5000石) が在封し,明治2 (1869) 年安房 (千葉県) 花房へ転出して廃藩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

よこすかはん【横須賀藩】

江戸時代遠江(とおとうみ)国城東(きとう)郡横須賀(現、静岡県掛川市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は横須賀学問所。1601年(慶長(けいちょう)6)、上総(かずさ)国久留里(くるり)から大須賀忠政(おおすがただまさ)が横須賀に6万石で再入封(にゅうほう)し、立藩した。大須賀氏2代のあと一時天領となったが、松平(能見(のみ))重勝(しげかつ)・重忠(しげただ)、井上正就(まさなり)・正利(まさとし)、本多利長(としなが)と、2万5000石~5万5000石で譜代が交代、82年(天和(てんな)2)に西尾忠成(ただなり)が信濃(しなの)国小諸(こもろ)藩から2万5000石で入り、藩主家が定着した。以後明治維新まで西尾氏8代が続いた。老中にのぼった2代忠尚(ただなお)のときに加増されて3万5000石となった。歴代藩主は、茶やサツマイモの栽培、遠州灘の漁業など殖産興業に努めた。1868年(明治1)の駿府(すんぷ)藩(静岡藩)再設置により、翌年安房(あわ)国花房(はなぶさ)に移り、花房藩となったが、71年の廃藩置県で廃藩となった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横須賀藩
よこすかはん

遠江(とおとうみ)国城東(じょうとう)郡横須賀(現在の静岡県掛川市)周辺を領有した譜代(ふだい)藩。藩庁のあった横須賀城は、武田氏の遠州進出の拠点となった高天神(たかてんじん)城に対抗するため徳川家康が大須賀康高(やすたか)に命じてつくらせた城である(1578完成)。康高および養子忠政(ただまさ)(榊原康政(さかきばらやすまさ)の子)が在城したが、徳川家康の関東入部により忠政は上総(かずさ)久留里(くるり)に移った。その後には豊臣(とよとみ)秀吉の臣で秀次(ひでつぐ)付きの渡瀬詮繁(あきしげ)が入封(3万石)したが、まもなく秀次事件に連座して流罪となる。その後、渡瀬の臣有馬豊氏(とようじ)が就封したが、関ヶ原役後、有馬は丹波(たんば)福知山に移り、1601年(慶長6)大須賀忠政が再入封して当藩の成立をみる(6万石)。1615年(元和1)子忠次(ただつぐ)が、忠政の生家榊原家(館林(たてばやし)藩)を継いだため、横須賀の地は除封となる。同年徳川頼宣(よりのぶ)の支配するところとなったが、1619年頼宣は紀伊に転じた。以後、松平(能見(のみ))重勝(しげかつ)・重忠(しげただ)(1619~21。2万6000石)、井上正就(まさなり)・正利(まさとし)(1622~45。5万2500石~4万7500石)、本多利長(としなが)(1645~82。5万石)を経て、1682年(天和2)西尾忠成(ただなり)が信州小諸(こもろ)より2万5000石で入封し藩主家の定着をみた。忠成のあと忠尚(ただなお)、忠需(ただみつ)、忠移(ただゆき)、忠善(ただよし)、忠固(ただかた)、忠受(たださか)、忠篤(ただあつ)と8代180年余西尾氏の治世が展開した。忠尚は西丸・本丸老中に昇進し、加増されて3万5000石を領有。領地は城付領として遠江国城東・山名郡の村々が、他は同国敷知(ふち)・周智(すち)・佐野郡および駿河(するが)国志太(しだ)郡下の村々があてられていた。
 本多利長の代には、近世農書の一つ『百姓伝記』が、当藩領に展開する農業の現実を背景にして著された。また西尾氏時代には、忠尚は江戸深川囃子(ばやし)を家臣に習得させ、城下三熊野(みくまの)神社の三社祭礼囃子として今日に伝えた。忠移・忠善は蘭学(らんがく)に関心が深く、蘭学者森観好を招き普及に努め、堀田多沖(たちゅう)、大久保一丘(いっきゅう)らの門弟が出た。忠国は、国学者八木美穂(よしほ)を藩校学問所教授とし歌道の発展に尽力させた。八木の思想は、幕末期の横須賀藩の行動選択に強い影響を与えた。また、忠移は甘藷(かんしょ)・甘蔗(かんしょ)の栽培を進め、忠善は安房(あわ)から鰯(いわし)漁の地引網法・搾粕(しめかす)製法を導入し、忠受は茶栽培を奨励するなど殖産興業に努めた。
 1868年(慶応4)徳川宗家の駿府(すんぷ)藩成立に伴い、安房花房(はなぶさ)に転封となる。[若林淳之]
『『大須賀町誌』(1980・大須賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横須賀藩の関連キーワード遠江遠淡海遠江のひよんどりとおくない川田喬遷後藤美之田沼意留丸尾興堂三井之峻渡辺兵次

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone