コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トム・ジョーンズ Tom Jones

1件 の用語解説(トム・ジョーンズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トム・ジョーンズ【Tom Jones】

イギリスの小説家H.フィールディングの代表的小説。全18巻。1749年刊。正確な原題は《The History of Tom Jones,a Foundling》。捨子トムは地主オールワージーに引きとられ,彼の妹ブリジェットの子どもブライフィルといっしょに育てられる。2人の少年は性格が正反対で,トムは道徳的にはだらしがないが純真で善良な性格であるのに対して,ブライフィルは道徳的な厳格さをたえず口にする偽善者である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトム・ジョーンズの言及

【フィールディング】より

…また45年のジャコバイトの反乱に際しては政府側の新聞を発行した。フィールディングの小説は古典主義的な伝統に立って明るい笑いを特質としているが,それは代表作《トム・ジョーンズ》(1749)に最も顕著に示されている。しかし1748年よりロンドンのウェストミンスター地区の治安判事に任ぜられ,単に明るいとはいえないさまざまな現実苦に満ちた世界を見ることとなった。…

※「トム・ジョーンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トム・ジョーンズの関連情報