トヨタ IMTS

日本の自動車技術240選の解説

トヨタ IMTS

IMTS(Intelligent Multi-Mode Transit System) の最大の特徴は、従来の地上設備を主体とした軌道系交通システムに対し、極力車両側の制御装置で走行を行う自律型システムであり、専用道では自動運転・隊列走行、一般道では通常の路線バスとして手動運転を行うデュアルモードタイプのシステムである。四ガイドレールを用いないで車線保持を行う非接触による案内制御、連結器を用いないで行う隊列走行制御(電子連結)、地上設備とレーダーや他の車載機器の併用による編成同士の衝突防止制御など、既存のシステムにないIMTS特有の機能を有する。                                                                         保管場所トヨタ博物館
製作(製造)年2004
製作者(社)トヨタ自動車株式会社
資料の種類愛知万博会場内運行
現状トヨタ博物館展示
車名IMTS(Intelligent Multi-Mode Transit System)
モデル名
会社名トヨタ自動車株式会社
製作開始年2004
設計者トヨタ自動車株式会社
車種・用途路線バス(中距離・中量輸送)
実車所在/模型トヨタ博物館
スタイル低床大型ノンステップバス 
エピソード・話題性・デュアルモード走行 専用道の自動運転・隊列走行と、一般道の手動運転。利用者の多い地域は隊列走行、利用者の少ない地域は手動で行い、輸送力確保と経済性の両立が可能である。・専用道に設置された磁気マーカーを車両側で感知することにより、専用道上の車両位置を把握。ゆえに、自律的に駅での停止・発進や速度を車載コンピューターで制御する。・隊列を組んでいる車両同士の衝突防止は、地上側の設備による閉そく制御を行う。・〔隊列台数〕3台、〔運行速度〕最高速度30km/h、平均速度20km/h、〔最大減速度〕0.2G、〔隊列車間距離〕走行中:数m、停止時:1.5m
ハイブリッドシステム形式なし
参考文献トヨタIMTSにおける自動運転技術について、青木啓二他、TOYOTA Technical Review Vol.51 No.2IMTS、青木啓二他、自動車技術会中部支部報 2005.No.56
車両紹介〔車線検出システム〕車線検出精度±15mm、磁気式レーンマーカ(材料:ネオジューム)と一方磁気センサーで横方向を検出〔車線保持制御〕磁気式レーンマーカの直上にくるようにステアリングを自動制御〔非接触分岐〕分岐路の磁気式レーンマーカをS極とN極で分け、車両側で走行する磁気極性を指示する。〔隊列走行制御システム〕車々間通信を行い一つの車群として走行〔衝突防止制御システム〕他の隊列の最後尾車との衝突を防止。距離検出相対車間距離を検出。距離検出①車載ミリ波レーダ ②車々間通信(隊列間通信) ③地上車両検出装置

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android