コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヨタMR2

日本の自動車技術240選の解説

トヨタMR2

1984年発売。高価なクルマというイメージがあるミッドシップを、手頃な価格で仕上げた新しいジャンルのスポーティパーソナルカー。トヨタMR2は、ミッドシップエンジン、後輪駆動方式、2シーターの特徴を生かし、低いフロントノーズ、視界を損なうことなく車高と車両重心が低く運動性能に優れる。トヨタMR2の命名は、Midship Runabout 2-seater の頭文字をとる。発売以来、スポーツマインドを持つ人々の支持を得る。保管場所トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号)
製作(製造)年1984
製作者(社)トヨタ自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状保存・非公開
車名トヨタ MR2 G-Limited
モデル名E-AW11-WCPQF
会社名トヨタ自動車株式会社
製作開始年1984
車種・用途小型乗用車
実車所在/模型トヨタ博物館
スタイルノッチバッククーペ
ドア数2ドア
乗員2名
車両重量980kg
車両総重量1090kg
構造一体構造
バンパーウレタン製エネルギー吸収
ステップなし
全長3925mm
全幅1665mm
全高1250mm
タイヤサイズ゙185/60R14 82H
フレームなし
前軸マクファーソンストラット式
後軸デュアルリンクストラット式
軸距2320mm
前トレッドx後トレッド1440×1445mm
車高調整なし
ステアリングラック&ピニオン(チルト式)
ダンパー(前後)低圧ガス封入式
スタビライザーあり(前)
走行安定装置なし
冷却/気筒配列水冷/直列4気筒(4A-GELU)
弁機構DOHC
気化器EFI-D
内径x行程81.0×77.0mm
排気量1587cc
点火系フルトランジスタ式
最高出力/回転数130PS/6600rpm
最大トルク/回転数15.2kgfm/5200rpm
排気浄化三元触媒装置(モノリス)
過給機なし
燃料タンク容量41l
ハイブリッドシステム形式なし
変速機電子制御式4速AT
駆動方式Mid
モード燃費-
その他事項前照灯:リトラクタブル(ハロゲン);ワイパー:セミコンシールド;足ブレーキ:4輪ディスク(前ベンチレーテッド);手ブレーキ:センターレバー式;最終減速:3.837;最高速度:180km/h;燃費率:11.4km/L(10モード);

出典|社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について | 情報

トヨタMR2の関連キーワードスペースシャトル飛行記録鈴木志郎康朝鮮映画ツイ・ハーク[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)磯崎新加山又造紀田順一郎

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android