コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヨペットコロナRT40

1件 の用語解説(トヨペットコロナRT40の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

トヨペットコロナRT40

開通して間もない名神高速道路上において、10万km連続高速走行公開テストを実施し、高速性能と耐久性を広く世に認められる。セダンは、スタンダードデラックストルコン付、営業向け、LPガス装備車があり、商用車には、バン、ピックアップ、ダブルシートピックアップのワイドバリエーション。発売後、国内外の注目を浴び、単一車種の国内登録新記録を樹立。アメリカ市場を始め、海外への輸出量が急増し、単一車種の生産規模では、フォルクスワーゲンについで第2位となり、量産規模で世界的な水準に到達。世界的に権威ある自動車専門誌\"Motor\"\"Autocar\"の高い評価を受ける。(スタイル)サイドビューは、フロントバンパー上部を頂点として、リヤに一直線に流れるスピーディーな躍動感あふれるスタイリングを形成。(性能)旧型コロナに比べて約60kg軽くなり、エンジンの改良と合わせて、国際的水準を行く高性能最高速度(140km/h)、加速性能(SS1/4マイル19.7秒)を達成。保管場所トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号)
製作(製造)年1964
製作者(社)トヨタ自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
車名トヨペットコロナ
モデル名RT40
会社名トヨタ自動車工業株式会社
製作開始年1964
実車所在/模型トヨタ博物館
スタイルセダン
ドア数4ドア
乗員5名
車両重量920kg
車両総重量1195kg
構造ユニタリコンストラクション
バンパースチール
ステップなし
全長4065mm
全幅1550mm
全高1420mm
タイヤサイズ゙5.60-13 4P
フレームユニフレーム型ボデー構造
前軸ウィッシュボーン、ボールジョイント式
後軸半浮動、バンジョー式
軸距2420mm
前トレッドx後トレッド1270mm×1270mm
ステアリングウォーム&セクターローラー
ダンパー油圧複動筒型(前後)
スタビライザートーションバー式
特徴後:半楕円非対称板ばね
冷却/気筒配列水冷/直列4気筒(2R型)
弁機構OHV
気化器下向一連 ダイヤフラム式ポンプ
内径x行程78mm×78mm
排気量1490cc
点火系遠心ガバナ及び真空進角
最高出力/回転数70PS/5000rpm
最大トルク/回転数11.5kgm/2600rpm
過給機なし
燃料タンク容量45L
特徴圧縮比 8.0
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進3段、後退1段
駆動方式FR
モード燃費-
その他事項最低地上高:180mm;前照灯:4灯式;ワイパー:タンデム型リンク式左右運動;足ブレーキ:油圧内部拡張デュオサーボ;手ブレーキ:機械式後輪制動;最終減速:4.111(ハイポイドギヤ);最高速度:140km/h;燃費率:17.5km/l;加速性能:SS1/4マイル 19.7秒

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トヨペットコロナRT40の関連キーワード北陸自動車道名神高速道路開通高速道路機構首都高速道路公団道路関係四公団阪神高速道路公団阪神高速道路会社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone