コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヨペットSAのサスペンション

日本の自動車技術240選の解説

トヨペットSAのサスペンション

前後輪とも独立懸架装置を採用して、フロントサスペンションはコイルスプリングを、リヤサスペンションは横置き式の板ばねを1本用いる。さらに、前車軸には、ショックアブソーバとローリング止めのスタビライザーを採用し、乗心地をよくしている。補足:この設計は当時の日本の道路事情には適合せず、後にSB型トラックのシャシーを用いることになる。先進的な設計ではあったが、実態から見れば設計ミスであり、これを評価するのは難しいことである。保管場所トヨタ博物館 (〒480-1131 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号)
製作(製造)年1947
製作者(社)トヨタ自動車工業株式会社
資料の種類量産品
現状展示(静態)・公開
型式名トヨペットSAのサスペンション
会社名トヨタ自動車工業㈱
用途 
実物所在トヨタ博物館(〒480-1131愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41番100号、電話番号0561-63-5151)
製作年1947
その他事項社名:トヨタ自動車株式会社;記入部課名:技術管理部企画グループ (電話番号)0565-23-6345;記入者名:大須賀 和男;関連工業会:社団法人自動車技術会;1.資料名称:自動車用部品;4.担当者(所属):トヨタ博物館 学芸・展示グループ;資料の種類:量産品;現状:展示・静態;公開・非公開の別:公開;

出典|社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について | 情報

トヨペットSAのサスペンションの関連キーワードトヨタ自動車

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android