コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀 おおすか

3件 の用語解説(大須賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大須賀
おおすか

静岡県南西部,掛川市南西部の旧町域。小笠山丘陵南部と遠州灘沿いの海岸平野を含む。1956年横須賀町と大渕村が合体して大須賀町が発足。同 1956年笠原村の一部,1957年袋井町の一部をそれぞれ編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおすが【大須賀】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大須賀
おおすか

静岡県南西部、小笠(おがさ)郡にあった旧町名(大須賀町(ちょう))。現在は掛川(かけがわ)市の南西部を占める地域。小笠山南麓(なんろく)に位置し、南は遠州灘(えんしゅうなだ)に面する。旧大須賀町は、1956年(昭和31)横須賀町と大淵(おおぶち)村が合併して改称。2005年(平成17)隣接する大東(だいとう)町とともに掛川市と合併。国道150号が通じる。1578年(天正6)徳川家康の命により大須賀康高(やすたか)がこの地に横須賀城を築城(城跡は国指定史跡)、遠州南部の海岸筋の要衝とした。1682年(天和2)西尾忠成(ただなり)(2万5000石)以来、代々西尾氏の居城となり、横須賀地区は町の中心部として発展、現在小笠山丘陵崖下には商店街が東西に延び、城下町のおもかげを残している。北部の丘陵地は茶園、ミカン園化が進み、海岸付近には温室メロン、イチゴを栽培、工場の進出もみられる。海岸は砂丘が発達し、御前崎遠州灘県立自然公園に含まれる。また、三熊野(みくまの)神社の三社祭礼囃子(ばやし)や、伝統芸能の地固め舞と田遊びは県指定無形民俗文化財。[川崎文昭]
『『大須賀町誌』(1980・大須賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大須賀の関連キーワード掛川大須賀〈町〉静岡県掛川市各和静岡県掛川市掛川静岡県掛川市満水静岡県掛川市中静岡県掛川市南静岡県掛川市南西郷静岡県掛川市八坂静岡県掛川市山崎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大須賀の関連情報