コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須賀 おおすか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大須賀
おおすか

静岡県南西部,掛川市南西部の旧町域。小笠山丘陵南部と遠州灘沿いの海岸平野を含む。1956年横須賀町と大渕村が合体して大須賀町が発足。同 1956年笠原村の一部,1957年袋井町の一部をそれぞれ編入。2005年掛川市,大東町と合体して掛川市となった。米作のほか温室メロン,イチゴの栽培が行なわれ,丘陵地にはチャ(茶),ミカン園が見られる。中心集落の横須賀は,江戸時代は城下町,遠州灘の港として栄えたが,宝永4(1707)年の宝永地震で土地が隆起して,港の機能を失った。弁財天川の河口の砂丘に,日本最初のサンドスキー場が開かれた。三熊野神社の春祭の三社ばやしは有名。横須賀城跡は国の史跡に指定されている。海岸線一帯は御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおすが【大須賀】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大須賀
おおすか

静岡県南西部、小笠(おがさ)郡にあった旧町名(大須賀町(ちょう))。現在は掛川(かけがわ)市の南西部を占める地域。小笠山南麓(なんろく)に位置し、南は遠州灘(えんしゅうなだ)に面する。旧大須賀町は、1956年(昭和31)横須賀町と大淵(おおぶち)村が合併して改称。2005年(平成17)隣接する大東(だいとう)町とともに掛川市と合併。国道150号が通じる。1578年(天正6)徳川家康の命により大須賀康高(やすたか)がこの地に横須賀城を築城(城跡は国指定史跡)、遠州南部の海岸筋の要衝とした。1682年(天和2)西尾忠成(ただなり)(2万5000石)以来、代々西尾氏の居城となり、横須賀地区は町の中心部として発展、現在小笠山丘陵崖下には商店街が東西に延び、城下町のおもかげを残している。北部の丘陵地は茶園、ミカン園化が進み、海岸付近には温室メロン、イチゴを栽培、工場の進出もみられる。海岸は砂丘が発達し、御前崎遠州灘県立自然公園に含まれる。また、三熊野(みくまの)神社の三社祭礼囃子(ばやし)や、伝統芸能の地固め舞と田遊びは県指定無形民俗文化財。[川崎文昭]
『『大須賀町誌』(1980・大須賀町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大須賀の関連キーワード広島県三原市新倉町横須賀(静岡県)静岡県掛川市大渕超電子バイオマン松平忠政(2)大栄(千葉県)静岡県掛川市大須賀莉央空大須賀 秀道大須賀[町]大須賀胤信河東碧梧桐内藤多喜夫名和三幹竹吉田 冬葉新傾向俳句加藤かけい伊東 月草金尾梅の門碧梧桐句集

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大須賀の関連情報