コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トライアル雇用 とらいあるこようtrial employment

知恵蔵の解説

トライアル雇用

テスト雇用」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

トライアル‐こよう【トライアル雇用】

公共職業安定所が紹介する労働者を企業が短期間(原則として3か月間)試行的に雇用し、双方が適性や職場環境等について相互に確認した上で常用雇用に移行する制度。対象となる労働者は、中高年齢者(45歳以上)・若年者(45歳未満)・母子家庭の母・障害者・日雇労働者ホームレスなど一定の要件を満たす人に限られる。事業主には奨励金が支給される。試行雇用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

トライアル雇用

公共職業安定所の紹介により特定の労働者を、短期間(原則として3カ月)試行的に雇い、その間、企業と労働者が相互に適性を判断、両者が合意すれば本採用に移行する制度のことです。
(2005/3/18掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

トライアル雇用の関連キーワードトライアル雇用制度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トライアル雇用の関連情報