コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラッキングストック(読み)とらっきんぐすとっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トラッキングストック

特定の事業部門の業績にリンクした株式のこと。「ターゲティッドストック」と同義語。トラッキングストックを購入する投資家には、同社の当該事業に限定して投資を行なう機会が提供され、普通株式にある配当・議決権・残余財産分配請求権などと異なり、発行ケースにより様々な条件が設定される。基本的にはトラッキングストックとして発行された事業の業績に基づいて配当が支払われ、議決権については、普通株式の議決権を基準として、企業全体の時価総額に占める同事業部門の時価総額の割合に応じて変動させるなどの形がとられる。日本では2001年、ソニーがインターネット接続サービスを行なうソニーコミュニケーションネットワークについて発行された例がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

トラッキングストック【tracking stock】

事業部門や子会社を対象とした株式。発行主体は親会社のため、経営権を手放さずに資金調達が可能。事業部門の場合、スピン-オフと異なり法人格そのものの分離はしないが、株価はその部門の業績に連結し、普通株式と同様に市場で売買される。 TS 。ターゲット-ストック。 → 子会社連動配当株

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android