コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランシェ・ポリシー tranche policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランシェ・ポリシー
tranche policy

国際収支の悪化に対する IMFの買い入れ制度のこと。加盟国は為替市場安定のため,出資割当額の 200%まで,他の加盟国の通貨を買い入れることができるが,利用比率に応じて資金の利用度に難易をつけている。割当額の 100%までの利用はリザーブ・トランシェと呼ばれ,無条件で引き出すことができるが,100%超 200%以内の利用のクレジット・トランシェ国際収支改善努力などの条件が付けられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トランシェ・ポリシーの関連キーワードIMF債SDR国際通貨基金IMF融資制度外国為替相場制度国際通貨問題全日本金属産業労働組合協議会SDRIMF暫定委員会国際流動性問題

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android