コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリアシルグリセロールリパーゼ

栄養・生化学辞典の解説

トリアシルグリセロールリパーゼ

 [EC3.1.1.3].単にリパーゼともいう.トリアリルグリセロールを加水分解する酵素で,キロミクロンやVLDLの形で末梢組織へ運ばれたトリアシルグリセロールが,細胞表面のこの酵素によって加水分解されて細胞内へ取り込まれる.また,脂肪組織の細胞内に貯蔵されているトリアシルグリセロールはホルモン感受性リパーゼとよばれるトリアシルグリセロールリパーゼによって加水分解されて,血液中へ放出されて肝臓などへ運ばれて利用される.膵臓から分泌される消化酵素の一つのトリアシルグリセロールリパーゼはステアプシンということがある.酵素作用の生成物はジアシルグリセロール,モノアシルグリセロール,遊離脂肪酸,グリセロールなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

トリアシルグリセロールリパーゼの関連キーワード膵トリアシルグリセロールリパーゼ欠損症膵トリアシルグリセロールリパーゼ欠損膵リパーゼ欠損症膵リパーゼ欠損

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android