遊離脂肪酸(読み)ゆうりしぼうさん(英語表記)free fatty acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊離脂肪酸
ゆうりしぼうさん
free fatty acid

血中に存在する脂肪酸のうち,コレステロールのようにエステルとなっていないものをさし,非エステル化脂肪酸ともいう。血液中ではほとんどが血清アルブミンと結合して運搬される。オレインを主とする血中遊離脂肪酸は,各種細胞の消費するエネルギーの 50~60%を分担している。遊離脂肪酸の血中濃度は,真性糖尿病甲状腺機能亢進症,副腎髄質機能亢進症,飢餓などの際に上昇するほか,恐怖,緊張などの精神的刺激でも上昇する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

生活習慣病用語辞典の解説

遊離脂肪酸

脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解されてできる脂肪です。20 分程度の運動をすると、脂肪細胞から排出され、エネルギーとして消費されます。また、肥満によって蓄えられた脂肪が増加すると、この遊離脂肪酸が血中に移動し、それがインスリン抵抗性を高め、血糖値を高くします。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうりしぼうさん【遊離脂肪酸】

脂肪が分解されて生じる脂肪酸で血漿けつしよう中にアルブミンと結合して存在するもの。飢餓状態や糖尿病のときに、血漿中の濃度が極端に上昇する。非エステル型脂肪酸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android