トリアノン(英語表記)Trianon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリアノン
Trianon

フランスのベルサイユ宮殿庭園内に建てられた娯楽,休息用の小宮殿。1687~88年ジュール・アルドゥアン・マンサールが建築したグラン・トリアノンと 1762~68年アンジュ=ジャック・ガブリエルが建てたプチ・トリアノンがある。初めは「磁器のトリアノン」として 1670~71年に建てられ,外壁をファイアンスの陶板で飾っていた。シノアズリー流行の時期で,当時世界の七不思議の一つといわれた南京報恩寺の瑠璃塔に触発されて,ルイ14世がモンテスパン侯夫人のために建てたが,1687年に解体されグラン・トリアノンに代わった。グラン・トリアノンは古典的外観とルイ14世様式の室内装飾を駆使し,機能的プランと構成から生まれたマンサールの傑作の一つ。プチ・トリアノンはルイ15世によってポンパドゥール侯夫人のために建築され,のちにデュ・バリー夫人,マリ・アントアネットらが愛用した。プチ・トリアノンのフランス庭園側ファサードは美しい階段と 4本の柱で飾られたガブリエルの傑作である。現在グラン・トリアノンは迎賓館に使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

トリアノン【Trianon】

パリ郊外、ベルサイユ宮殿の庭園内にある離宮。グラン-トリアノン(1687年建造)とマリー=アントワネットの宮殿となったプティ-トリアノン(1762~64年建造)がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリアノンの関連情報