コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリアノン Trianon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリアノン
Trianon

フランスのベルサイユ宮殿庭園内に建てられた娯楽,休息用の小宮殿。1687~88年ジュール・アルドゥアン・マンサールが建築したグラン・トリアノンと 1762~68年アンジュ=ジャック・ガブリエルが建てたプチ・トリアノンがある。初めは「磁器のトリアノン」として 1670~71年に建てられ,外壁をファイアンスの陶板で飾っていた。シノアズリー流行の時期で,当時世界の七不思議の一つといわれた南京報恩寺の瑠璃塔に触発されて,ルイ14世がモンテスパン侯夫人のために建てたが,1687年に解体されグラン・トリアノンに代わった。グラン・トリアノンは古典的外観とルイ14世様式の室内装飾を駆使し,機能的プランと構成から生まれたマンサールの傑作の一つ。プチ・トリアノンはルイ15世によってポンパドゥール侯夫人のために建築され,のちにデュ・バリー夫人,マリ・アントアネットらが愛用した。プチ・トリアノンのフランス庭園側ファサードは美しい階段と 4本の柱で飾られたガブリエルの傑作である。現在グラン・トリアノンは迎賓館に使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

トリアノン【Trianon】

パリ郊外、ベルサイユ宮殿の庭園内にある離宮。グラン-トリアノン(1687年建造)とマリー=アントワネットの宮殿となったプティ-トリアノン(1762~64年建造)がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

トリアノンの関連キーワードマンサール(Jules Hardouin第一次世界大戦史(年表)オッタン・オングロア事件ルグラントリアノン小トリアノン宮殿ベルサイユ宮庭園リンダーホーフ城モンテスパン夫人大トリアノン宮殿ルプチトリアノングラントリアノンザカルパトスカヤ第1次世界大戦マーブルハウストリアノン条約ベルサイユ体制リンダーホフ城プチトリアノングーティエールシノワズリー

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリアノンの関連情報