コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリノ王宮 トリノオウキュウ

1件 の用語解説(トリノ王宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トリノ‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【トリノ王宮】

Palazzo Reale di Torino》イタリア北西部、ピエモンテ州の都市トリノにある宮殿。カステッロ広場に面する。16世紀末に、トリノ都市計画を進めたアスカニオ=ビトッツィの設計により建設が始まり、17世紀半ばにカルロ=モレッロにより完成した。19世紀までサボイア公国の王宮がおかれた。現在は、12世紀から18世紀までの武具を展示する博物館がある。1997年、「サボイア王家の王宮群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。パラッツォレアーレ‐ディ‐トリノ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

トリノ王宮の関連キーワードBREAK ALL DAY!トロント・ブルージェイズトロント・ラプターズ気団ダートムーアベルリン大聖堂ダークウェブ微地形赤の宮殿コスタビリ宮殿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone