コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリノ王宮 トリノオウキュウ

デジタル大辞泉の解説

トリノ‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【トリノ王宮】

Palazzo Reale di Torino》イタリア北西部、ピエモンテ州の都市トリノにある宮殿。カステッロ広場に面する。16世紀末に、トリノの都市計画を進めたアスカニオ=ビトッツィの設計により建設が始まり、17世紀半ばにカルロ=モレッロにより完成した。19世紀までサボイア公国の王宮がおかれた。現在は、12世紀から18世紀までの武具を展示する博物館がある。1997年、「サボイア王家の王宮群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。パラッツォレアーレ‐ディ‐トリノ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

トリノ王宮の関連キーワードパラッツォレアーレディトリノマダマ宮殿

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android