トリーティ(英語表記)Jacopo Torriti

世界大百科事典 第2版の解説

トリーティ【Jacopo Torriti】

13世紀後半に活動したイタリア画家,モザイク師。生没年不詳。生涯に関する記録はほとんどなく,ローマサンジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂とサンタマリア・マッジョーレ教会の両後陣モザイクで,その名を知られている。後者の〈聖母戴冠〉は,金地背景や配色において,ビザンティン様式を順守しているが,同時代のカバリーニの影響も見せている。なおアッシジのサン・フランチェスコ教会上院の旧・新約聖書伝の壁画も彼の作とされているが,その帰属に問題が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android