配色(読み)ハイショク

大辞林 第三版の解説

はいしょく【配色】

( 名 ) スル
種々の色を取り合わせること。色のとり合わせ。 「 -がよい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

配色
はいしょく

二色以上の色の組合せをいう。色は配色によって美しく生かされる。配色が快い感じを与えるとき調和しているといい、逆に不快な感じを与えるとき不調和という。この快・不快の感情には、客観的な基準があるわけではなく、本来は主観的な価値感に基づくものである。とはいえ、よい配色は、多くの人に支持されなければならない。その意味では客観性が要求される。色の調和には、決まった法則があるわけではないが、配色のなかで統一と変化の要素がほどよくバランスがとれていることがなによりも重要である。[雨宮政次]
『渋川育由・高橋ユミ編『配色事典』1・2(1983~84・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はい‐しょく【配色】

〘名〙 色彩の配合。また、配合した色あい。色のとりあわせ。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「錦手の対の大花瓶、配色麗しい挿花と艷を競って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

配色の関連情報