コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレーローディング方式

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トレーローディング方式

CD-ROMドライブにおけるCDのローディング方式の1つ。トレーローディング方式は、オーディオCDプレイヤと同じローディング方法で、ドライブからせり出してくるトレーの上にCDを載せ、ドライブにローディングさせる方式。この方式の最大のメリットは、キャディが別途必要にならないということである。またほとんどのドライブでは、トレーに12cmCD用と8cmCD用の2種類の溝(CDを載せるガイド)が用意されているため、8cmCDを再生する場合でも、8cmCDを12cmCDと同サイズにするためのアダプターが必要ないという利点もある。一方の欠点は、トレーにCDを載せてローディングするため、ドライブの縦置きができないことである。ただし最近では、トレーの中央にCDを固定するためのノッチを用意することで、トレー方式でありながら、縦置きを可能にしたドライブもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

トレーローディング方式の関連キーワードトレー式ドライブ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android