コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロピーニン トロピーニン Tropinin, Vasilii Andreevich

2件 の用語解説(トロピーニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロピーニン
トロピーニン
Tropinin, Vasilii Andreevich

[生]1776.3.19. /1776.5.16. カルポフカ
[没]1857.5.4/16. モスクワ
ロシアの画家。農奴出身でペテルブルグの美術アカデミーに学んだが中退させられ,48歳までモールコフ伯爵の農奴の身分にとどまった。 1823年自由の身になってモスクワで活躍。 V.ボロビコフスキーの影響を受け,『プーシキン像』 (レニングラード,プーシキン記念館) ,『レース編みをする女』 (トレチヤコフ国立美術館) などの肖像画や風俗画を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロピーニン
とろぴーにん
Василий Андреевич Тропинин Vasiliy Andreevich Tropinin
(1776―1857)

ロシアの画家。農奴として生まれ、1798年ころからペテルブルグの美術アカデミーでシチューキンのもとで学んだが、1804年には地主に呼び戻され、23年に初めて自由の身となった。主として肖像画を描き、『ブラーホフの肖像』(1823)、『レース編みする娘』(1823・ともにトレチャコフ美術館)、『プーシキン』(1827・プーシキン記念館)は有名。また肖像画制作のためのおびただしいデッサンはそれ自体として高い芸術的価値をもつ。農奴に生まれながら、対象を描くときは、相手の社会的地位とは無関係に、一個の人間として愛情のこもったまなざしで描いている点に肖像画家としての面目が感じられる。[木村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロピーニンの関連キーワード横山隆達1776年シセルチナバーデロンアルベレゼディオスプリゴローブニン川柳(3代)内藤頼尚十寸見河東(5代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone