コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンパイシャン(桐柏山)山脈 トンパイシャンさんみゃくTongbai shan

1件 の用語解説(トンパイシャン(桐柏山)山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンパイシャン(桐柏山)山脈
トンパイシャンさんみゃく
Tongbai shan

中国東部,ホーナン (河南) 省とフーペイ (湖北) 省との境界にある北西から南東方向の山脈。主峰は西部のトンパイ (桐柏) 山 (1140m) で,ホワイ (淮) 河の本流が流出する。北に続くフーニウシャン (伏牛山) 山脈,南東に続くターピエシャン (大別山) 山脈とともに,ホワイ河水系とチャン (長) 江水系との分水嶺をなしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone