コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トン数標準税制 とんすうひょうじゅんぜいせい

2件 の用語解説(トン数標準税制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

トン数標準税制

外航海運業者の法人税について、実際の利益ではなく積載能力に基づいて「みなし利益」を算定する方法で海外16カ国が導入。欧米・韓国などで導入された結果、日本との間で税負担の大きな差が生じた。とくに好景気時に大幅な減税効果がある。 外航海運業界の要望を受けて国土交通省税制改正要求に盛り込んだ。財務省との調整次第だが2008年度から日本船籍船を対象に導入される見通しだ。 一方でコストが割高な日本船籍船や日本人船員は減り続けている。ピークの1972年に1580隻あった日本籍船は2005年に95隻。外航海運各社が運航する約2000隻のうち5%に過ぎない。 日本人船員も1974年の約5万7000人から2005年に2625人まで減少。低コストで能力もある外国人船員が9割強を占める。 しかし、好況の影響で船長、機関長といった上級船員を中心に世界的に不足し、確保合戦が激しくなっている。そこで国交省は08年度から日本の外航海運会社に、船員の増加目標を盛り込んだ計画を作らせ、国交相が認定する新制度を設ける。日本人船員を10年間で1.5倍程度に増やすことが目標だ。 新制度では各社が具体的な増加計画をつくり、国交相に認定されないとトン数標準税制の適用を受けられないようにして、取り組みに実効性を持たせる。 国交省は船員供給国で大規模災害や政変が起こるといった「非常時」でも、日本の社会生活を支える国際的な物資輸送を保つためには、日本人船員が5500人ほど必要だと試算している。

(松村北斗 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トン数標準税制

減り続ける日本人船員の確保と有事の際の国際的な物資輸送を保つために国が設けた外航海運業者への優遇税制。利益に応じて増減する法人税に代えて、所有する船の大きさで税額を固定する。日本籍船を5年間で約2・1倍に増やすなど、海運業者10社がつくった計画を国土交通省が2009年に認定した。

(2011-01-24 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トン数標準税制の関連キーワード海運業法人税実益静的安全法人税法法人住民税益金・損金法人税等・課税所得

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone