コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーションバー

世界大百科事典 第2版の解説

トーションバー【torsion bar】

ばねの一種で,直線状丸棒,あるいは中空棒のねじり変形に対する復元力をばね力として利用するもの。ねじり棒ばねともいう。トーションバーはただ1本の棒なので,収容するのに要する空間が小さいうえ,棒の内部応力が純粋にせん断応力のみになるので,材料の素直な使い方ができるという特長がある。空間の制約が大きいフロントエンジン・フロントドライブ(FF)方式の乗用車の前輪懸架装置のばねや,床面を低くした乗用車の後輪懸架装置のばねによく用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トーションバーの関連キーワードオースチンA50ケンブリッジサルーンB131型三菱ふそう キャンター エコ ハイブリッドプリンススカイライン2000GT S54型ニッサンフェアレディZ432 PS30型いすゞ フォワード・Smoother三菱パジェロ(2300ディーゼルターボ)いすゞベレット1600GT PR90型ニッサンセドリック・シーマFPY31型トヨペットコロナハードトップ RT50ダットサンフェアレディ SP310型プリンススカイラインALSIDスバル インプレッサ WRX STIマツダ RXいすゞヒルマンミンクスPH10型ダットサンブルーバードP510型ニッサン シルビアCSP311型トヨタスポーツ800 UP15いすゞ 大型観光バス ガーラマツダファミリア(初代FF)マツダファミリア800セダン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android