トーネー(英語表記)Taunay, Alfredo d'Escragnolle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーネー
Taunay, Alfredo d'Escragnolle

[生]1843.2.22. リオデジャネイロ
[没]1899.1.5. リオデジャネイロ
ブラジルの小説家,政治家。フランス系の家に生れ,ペドロ2世高等学校で人文学を学び,その後士官学校へ通い,また大学で物理と数学を修めた。陸軍の技術将校としてパラグアイ戦争などに従軍,サンタカタリナ州選出の下院,上院議員,州知事などをつとめ,1889年の帝政崩壊とともに政治から離れた。ブラジル地理・歴史研究所,ブラジル文学アカデミー会員。主著『ラグーナからの撤退』A Retirada da Laguna (1871) ,『イノセンシア』 Inocência (72) ,短編集『ブラジルの物語』 Histórias Brasileiras (74) ,『夕暮れに』 Ao Entardecer (1900) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android