コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーユン市 トーユンDuyun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーユン〔市〕
トーユン
Duyun

中国西南地方,クイチョウ (貴州) 省南部の市。チエンナン (黔南) プイ (布依) 族ミヤオ (苗) 族自治州の行政中心地。ミヤオリン (苗嶺) 山地の広い盆地にあり,チエンクイ (黔桂) 鉄道が通る。清代には都いん府の府治であった。省南部の行政,経済,交通,商業の中心地で,新興の工業都市でもある。農村部では米,トウモロコシ,小麦,豆,カラムシ,タバコ,茶,菜種を産する。赤鉄鉱と石炭を産し,鉄鋼工場が立地するほか,クイヤン (貴陽) 市の製鉄所に送る。電機,ポンプ,カラムシ紡織,製紙,セメントなどの工場がある。人口 41万 7153 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トーユン市の関連キーワードチエンナン(黔南)プイ(布依)族ミヤオ(苗)族自治州

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android