コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥブロブニク大聖堂 ドゥブロブニクダイセイドウ

1件 の用語解説(ドゥブロブニク大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドゥブロブニク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ドゥブロブニク大聖堂】

Dubrovačka katedrala》クロアチア最南部、アドリア海に面した都市ドゥブロブニクの旧市街にある大聖堂。12世紀末、ロマネスク様式で建造。17世紀の大地震で崩壊し、その後、イタリアの建築家によりバロック様式で再建された。ティツィアーノが描いた祭壇画「聖母被昇天」があることで知られる。大聖堂がある旧市街は、1979年に世界遺産文化遺産)に登録された。正式名称は聖母被昇天大聖堂。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone