コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥブロブニク大聖堂 ドゥブロブニクダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

ドゥブロブニク‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ドゥブロブニク大聖堂】

Dubrovačka katedrala》クロアチア最南部、アドリア海に面した都市ドゥブロブニクの旧市街にある大聖堂。12世紀末、ロマネスク様式で建造。17世紀の大地震で崩壊し、その後、イタリアの建築家によりバロック様式で再建された。ティツィアーノが描いた祭壇画「聖母被昇天」があることで知られる。大聖堂がある旧市街は、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。正式名称は聖母被昇天大聖堂。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ドゥブロブニク大聖堂の関連キーワードロマネスク様式アドリア海

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android