ドゥルカディル侯国(読み)ドゥルカディルこうこく(英語表記)Dulkadir

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥルカディルこうこく【ドゥルカディル侯国 Dulkadir】

モンゴル西征によりアナトリア東部に移住したトルクメン族の一支族ドゥルカディル族の国家。1337‐1515年。ユーフラテス川上流のマラシュを中心に勢力を拡大し,はじめマムルーク朝に服したが,15世紀前半からオスマン朝の従臣としてマムルーク朝,アク・コユンル朝,サファビー朝諸国家の進出に対抗しつづけた。オスマン朝とは通婚関係にあり,同族の血をひくセリム1世によって,1515年オスマン帝国に併合された。【小山 皓一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android