コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドセ[川] Rio Doce

世界大百科事典 第2版の解説

ドセ[川]【Rio Doce】

ブラジル南東部のミナス・ジェライス州とエスピリト・サント州を流れる,ブラジルでは中規模の川。全長約580km。ミナス・ジェライス州のエスピニャソ山脈南東部に源を発して鉱物資源の豊富な地域を北流し,ゴベルナドル・バラダレス市近くで東へ流れを変え,エスピリト・サント州の中央部を通ってビトリアの北約100kmの所で大西洋に流入する。1942年ブラジル政府は,この地域の鉱物資源を開発するためにドセ河谷開発公社を創設し,さらに,この川沿いにビトリア・ミナス鉄道を創立して鉄鉱石の輸送を行い,それらをツバロン港から輸出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドセ[川]の言及

【エスピリト・サント[州]】より

…州の西縁にカパラオ山脈Serra do Caparaóが走り,2890mのバンデイラ山があり,国立公園となっている。この山脈を横切って大西洋に流入するドセ川の流域には世界的な鉄鉱石の産地イタビラをはじめ,鉄鉱山が多く,鉄鉱石はビトリアまで鉄道で運ばれて輸出される。ドセ川の流域は鉄鉱開発,輸送,発電,工業化を目的にしたドセ川開発計画が政府の手によって行われている。…

※「ドセ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android