コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベロオリゾンテ Belo Horizonte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベロオリゾンテ
Belo Horizonte

ブラジル南東部,ミナスジェライス州の州都。サンパウロリオデジャネイロに次ぐ同国第3の都市で,リオデジャネイロの北約 300km,エスピニャソ山脈西麓の高原にあり,標高約 830m。ブラジル最初の計画都市で,アメリカ合衆国の首都ワシントン・コロンビア特別区(ワシントンD.C.)などを模して建設され,1897年シダデデミナス Cidade de Minasとして発足,オーロプレトに代わって州都となった。1901年ポルトガル語で「美しい地平線」を意味する現在名に改称。鉱業と畜産業を主産業とする同州の商工業中心地で,出版業,鉄鋼業,織物業,家具製造業,食品加工業なども立地する。文化の中心地でもあり,ミナスジェライス連邦大学(1927),ミナスジェライス・カトリック大学(1958)ほか各種教育機関,博物館などがある。北西郊のパンプリャは,1940年代にブラジルの有名な建築家オスカー・ニーマイヤーが手がけた前衛的な近代建築プロジェクトで知られ,パンプリャ湖畔のカジノ,ダンスホール,ゴルフ・ヨットクラブ,聖フランシスコ・デ・アシス聖堂の建築群が,2016年世界遺産の文化遺産に登録された。大西洋岸のリオデジャネイロと内陸の首都ブラジリアの間に位置する交通の要地で,市から放射状に延びる鉄道,道路により国内主要都市と結ばれる。人口 237万5151(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベロ‐オリゾンテ(Belo Horizonte)

《美しい地平線の意》ブラジル南東部の高原にある工業都市。市街は放射状に建設され、1897年よりミナスジェライス州の州都。市街北東部の庭園都市の建造物群が、2016年に「パンプーリャの近代建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、都市圏243万(2008)。ベロオリゾンチベロリゾンテ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ベロオリゾンテ【Belo Horizonte】

ブラジル南東部の都市。リオデジャネイロの北350キロメートルの高原にある。周辺にイタビラ鉄山があり、製鉄業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ベロオリゾンテの関連キーワードコンセリェイロラファイエテディアマンティーナ歴史地区ファビアナ クラウジノゴベルナドルバラダレスイタティアイア国立公園トニーニョ セレーゾジルマ・バナ ルセフサンジョアンデルレイディアマンティーナジウベルト シウバシェイラ カストロモンテスクラロスジュイスデフォラポソスデカルダスダンテ アマラウテオフィロオトニディアマンティナブラジルの大敗パトスデミナスコンゴーニャス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベロオリゾンテの関連情報