コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドネライティス Kristijonas Donelaitis

大辞林 第三版の解説

ドネライティス【Kristijonas Donelaitis】

1714~1780) リトアニアの牧師・詩人。東プロイセン出身。農村の生活と自然を描いた牧歌的叙事詩「四季」は、リトアニア文学の最大の古典となっている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドネライティス【Kristijonas Donelaitis】

1714‐80
リトアニアを代表する詩人。東プロイセンのリトアニア州の農村に生まれ,ケーニヒスベルク大学で神学を学んだのち,トルミンケーメン村のルター派教会の牧師として生涯を送った。村民のドイツ人とリトアニア人に説教を行うかたわら,ヘクサミター(六脚韻)で多くのリトアニア語の詩をつづった。死後,遺稿詩が発見され,ケーニヒスベルク大学教授レーザLudwig Rhesaによって1818年に代表作の叙事詩《四季Metai》がドイツ語訳を添えて発表されるや,内外の絶賛を浴び,たちまちリトアニア国民詩人の名を冠された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドネライティスの関連キーワードイギリス史(年表)ハノーバー朝ハノーバー朝前古典派音楽武装中立同盟ペスタロッチアン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android