コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドビュッシー:マズルカ/piano solo Mazurka

1件 の用語解説(ドビュッシー:マズルカ/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ドビュッシー:マズルカ/piano solo

嬰へ短調 4分の3拍子
1890年頃の作曲であると推定されるが、それ以前の作品である可能性もある。ショパンや、ボロディンなどの影響が指摘される習作的なもの。ドビュッシー自身はこの作品を出版することに反 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドビュッシー:マズルカ/piano soloの関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano soloストラヴィンスキー:ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調/piano soloバッハ:トッカータ 嬰ヘ短調/piano soloショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調/piano soloシューベルト:ピアノ・ソナタ 第8番 嬰ヘ短調/piano soloラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調/piano and orchestra(concerto)メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano soloアルカン:協奏的二重奏曲 嬰へ短調/pf, vnハイド:ラプソディー 第1番 嬰へ短調/piano soloドライショック(ドライショク):幻想曲 ヘ短調/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone