コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドブ島民 ドブとうみんDobuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドブ島民
ドブとうみん
Dobuan

パプアニューギニアの東端,ダントルカストー諸島の小島,ドブ島の住民。言語はオーストロネシア語族メラネシア語派に属する。起伏の激しいやせた土地でヤムいもを主とする焼畑耕作を営む。呪術や妖術が発達しており,それは資源の希少性と関連しているともいわれる。土地をはじめ財産の継承は,ススと呼ばれる母系集団を通じて行われる。北にあるトロブリアンド諸島の住民との間でクラ交易を行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドブ島民の関連キーワードパプアニューギニア文化の型

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android