ドミナント規制(読み)ドミナントキセイ

デジタル大辞泉の解説

ドミナント‐きせい【ドミナント規制】

dominant carrier regulation》各種市場の支配的事業者に対する規制。一例として、携帯電話市場における、ある一定の市場占有率を獲得した事業者に対して総務省が行う規制がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ドミナントきせい【ドミナント規制】

〔ドミナント(dominant)は「支配的な」の意〕
圧倒的な市場支配力を有する事業者(ドミナント事業者)に対して適用される規制。特定事業者による市場の独占を緩和して、他の事業者の新規参入を促し、競争を促進することが目的。支配的事業者規制。 → 私的独占

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android