コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメラ・ニーウェンハイス Ferdinand Domela Nieuwenhuis

1件 の用語解説(ドメラ・ニーウェンハイスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドメラ・ニーウェンハイス【Ferdinand Domela Nieuwenhuis】

1846‐1919
オランダの政治家で,労働運動の指導者。生地アムステルダムで神学を修め,ルター派牧師となる。1879年《万人の権利Recht voor Allen》誌を創刊して聖職から退く。81年成立した社会民主同盟(SDB)の書記長(1882‐87)となり,また普通選挙同盟を結成。上掲誌の記事(筆者は別の人)により罪に問われ,1年間投獄され,釈放後の国外旅行でエンゲルスカウツキーなどを訪問した。ベーベルリープクネヒトと協力してパリで国際社会主義者大会(1889)を開催。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のドメラ・ニーウェンハイスの言及

【トルールストラ】より

…1888年フローニンゲン大学で法律学の学位を得,故郷レーワルデンで弁護士となる。90年社会民主同盟に加わったが,やがて同盟を指導するドメラ・ニーウェンハイスと衝突し,94年同志とともに社会民主労働党(SDAP。現,労働党)を結成して指導者になる。…

※「ドメラ・ニーウェンハイス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドメラ・ニーウェンハイスの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ芥子オランダ坂オランダ渡りダッチオランダの犯罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone