コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメラ・ニーウェンハイス Ferdinand Domela Nieuwenhuis

世界大百科事典 第2版の解説

ドメラ・ニーウェンハイス【Ferdinand Domela Nieuwenhuis】

1846‐1919
オランダの政治家で,労働運動の指導者。生地アムステルダムで神学を修め,ルター派牧師となる。1879年《万人の権利Recht voor Allen》誌を創刊して聖職から退く。81年成立した社会民主同盟(SDB)の書記長(1882‐87)となり,また普通選挙同盟を結成。上掲誌の記事(筆者は別の人)により罪に問われ,1年間投獄され,釈放後の国外旅行でエンゲルスカウツキーなどを訪問した。ベーベルリープクネヒトと協力してパリで国際社会主義者大会(1889)を開催。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドメラ・ニーウェンハイスの言及

【トルールストラ】より

…1888年フローニンゲン大学で法律学の学位を得,故郷レーワルデンで弁護士となる。90年社会民主同盟に加わったが,やがて同盟を指導するドメラ・ニーウェンハイスと衝突し,94年同志とともに社会民主労働党(SDAP。現,労働党)を結成して指導者になる。…

※「ドメラ・ニーウェンハイス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドメラ・ニーウェンハイスの関連キーワードP.J. トルールストラトルールストラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android