コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラグライン

百科事典マイペディアの解説

ドラグライン

建設機械の一つ。長いブームからワイヤロープでつり下げたバケットを手前へたぐりよせて土砂,砂利の掘削をする。柔らかい土の掘削,広い範囲の掘削に適し,また水底の掘削も容易なので河川工事に多用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のドラグラインの言及

【建設機械】より

…ショベル容量は0.3m3から30m3程度のものまである。また,作業用のアタッチメントの交換によって,バックホウ,ドラグライン,クラムシェル,クレーンなどとしても利用できる。 バックホウback‐hoeドラグショベルともいう。…

※「ドラグライン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドラグラインの関連キーワードパワーショベル採炭機械掘削機械土工事

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android