コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリボ・ドブロウォルスキー Michael von Dolivo‐Dobrowolsky

世界大百科事典 第2版の解説

ドリボ・ドブロウォルスキー【Michael von Dolivo‐Dobrowolsky】

1862‐1919
ロシアに生まれドイツで活躍した電気技術者。三相交流技術の完成者である。ペテルブルグに生まれた。リガの工業学校で機械工学などを学んだのち,ドイツのダルムシュタット工科学校で電気工学を勉強した。その後,ドイツ・エジソン社(のちのAEG社)に入った。イタリア人G.フェラリスの誘導電動機に関する考案を検討して,ドリボ・ドブロウォルスキーは三相誘導電動機を1889年につくった。同年に彼は三相変圧器を考案した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドリボ・ドブロウォルスキーの言及

【電動機】より


【歴史】
 1821年にM.ファラデーが原理的な電動機を製作し,36年にアメリカのダベンポートT.Davenport(1802‐51)が直流電動機を作って電池の電力で旋盤を回したが,直流電動機が広く実用されるようになったのは,67年にE.W.vonジーメンスが,電池の助けをかりずに発電する自励式直流発電機を考案してからである。82年にはN.テスラが二相誘導電動機を考案し,85年にはG.フェラリスが分相形単相誘導電動機を考案し,M.ドリボ・ドブロウォルスキーは91年に三相誘導電動機を,93年に二重かご形誘導電動機を考案した。この間,交流電源としての同期発電機も単相,二相,三相の順に実用化された。…

※「ドリボ・ドブロウォルスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドリボ・ドブロウォルスキーの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチサイゴン条約

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android